TEL LINE

腸脛靭帯炎

  • ランニングをした際に膝の外側に痛みがでる
  • しばらく休憩すると痛みが治まるが、再度走り出したときに痛くなる
  • 階段を昇り降りする時に膝が痛い
  • 膝や太ももの外側に違和感、つっぱり感を感じている
  • 膝の痛みでロードバイクが楽しめない

とても辛いですよね。

でも安心してください。当院にはあなたと同じような症状に苦しんだ方が改善し、今までよりずっと快適な生活を送っておられます。

当院の施術を受けた方の喜びの声
土屋 友和様  会社員

▲クリックで拡大

私は、ドッチボールの審判をしています。ある日曜日、一瞬左足のふくらはぎにかかった負荷により重度の肉ばなれを起こしてしまいました。 3週間後に控える大切な大会で審判をできるのか…。とても大きな不安をかかえたまま善整骨院にかかりました 先生によれば、とても、1日、2日、1週間で治る症状ではない!でも3週間なら何とかする!とのこと。 1週間ではどうにもならない!と現状をはっきり伝えてくれてうれしかったし、この先生なら信頼できると感じられました。 それから言われたとおりに通院し私は3週間後、無事審判をやりとげる事ができました。本当にありがとうございました。 先生はもちろん、スタッフさんもすごく良い方です。これからもよろしくお願いします。 ※患者様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

中薗 実様  医師

▲クリックで拡大

最初、善ZEN整骨院さんにかかるきっかけになったのはフットサル中に引き起こした肉離れでした。友人にハイボルト療法をすすめられ、それを取り入れている善ZEN整骨院さんにかかり始めました。 肉離れは一度瘢痕化してしまうと再発のリスクが高くなると言われていますが、ハイボルト療法により、ほぼ完治することが出来ました。 続けて体幹部を鍛えるためにハイボルト療法を用いた楽トレにトライすることにしました。 最初は電気刺激に驚きましたが、すぐに慣れ姿勢が良くなる効果や再開したフットサルでも良い動きが出来ることにつながりました。 ケガをする前より良い身体の状態となり、善ZEN整骨院さんには感謝しています。 本当にありがとうございました。 ※患者様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

小林 賢光様 男性 僧侶

▲クリックで拡大

初めは足底筋膜炎で来院しました。
整形外科でレントゲンで骨にも異常はなくシップのみでしたが、1年近く痛みが続きましたので診療をしてもらいました。
何回かのハイボルト治療にて現在は完治し、好きなスポーツも楽しく苦なくすることができるようになりました。
色々な要因が重なっていたと思いますが、楽トレも継続してやるようになったら座り立ちも楽になりました。
また、定期的に継続して身体のメンテナンスをしていこうと思います。
※患者様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

女性/10代  学生

▲クリックで拡大

開院してすぐにお世話になり、いつも笑顔で迎えてくれる院長先生に安心して治療をお任せしています。
16才の娘はほぼ連日バレエのレッスンを2.5時間から長いときでは5時間近くしており定期的な体のメンテナンスが必要です。
学生のため、スケジュール調整の急な変更にも心よく応じていただきとても通院しやすく、喜んでおります。
治療の効果もあり、よい状態でレッスンにのぞめていますが、毎回なにげなく声を掛けていただき心を暖めていただく時間にもなります。
※患者様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

男性/10代  学生

▲クリックで拡大

先生が親しみやすい。親切で丁寧な治療(説明)をしてくれる。
院内が広く落ち着いて治療を受けられる。
股関節のケガをしてしまい運動するのも大変な状況だったが5日僕の試合のために治療をしてもらった。
2回しか通えなかったがその2回でスゴイ股関節の調子が良くなり試合に出場できた。
ハイボルテージなど器具の説明や怪我の原因などを伝えてくれてとても頼りになる先生です。
※患者様個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

そもそも「腸脛靭帯炎」とはどういう症状なのか?

腸脛靱帯とは、腸骨(骨盤の骨)から大腿の外側を通って、腓骨(すねの骨)にまでつながっている太もも外側を覆う長い靱帯の事です。 厳密にいうとその上部分を大腿筋膜張筋といい、下部のほうが腸脛靭帯に変わっていくという作りです。 腸脛靱帯は太ももの骨である大腿骨の外側にあります。 足を伸ばしたときには大腿骨の前方にあり曲げたときには後方に移動するので、その移動の際に膝の骨の外側の出っ張りにぶつかったり、こすれたりします。 膝の屈伸のたびに摩擦がおこるため回数が多ければ炎症がおこりやすく膝の外側の痛みが発症します。 この事を腸脛靱帯炎と呼ばれています。 初期…運動の後に痛みがでます 中期…運動中運動後に痛みがでます 後期…常に痛みがあり運動に支障がでます。

一般的な「腸脛靭帯炎」の治療法は?

・安静 ・アイシング ・テーピング ・サポーター ・薬物療法 ・靴やランニングコースなどコンディションの見直し ・温熱治療 ・症状の度合いによりステロイド注射、腸脛靭帯を一部とる手術 善ZEN整骨院でははこれらの治療をして改善されなかった方々が多く来院されます。

一般的な「腸脛靱帯炎」の原因とは?

・過度なランニング、ジャンプなど足に負担のかかる運動のしすぎ ・柔軟不足…腸脛靱帯の緊張が強い為に摩擦しやすい

善ZEN整骨院が考える「腸脛靱帯炎」の原因とは?

善ZEN整骨院が考える腸脛靭帯炎の原因とは

骨盤や股関節の歪みに問題があると考えます。スポーツなどで同じ動作で使いすぎた筋肉や靱帯が疲労してくると緊張が強くなります。 そこから骨盤の歪みや股関節の歪みにつながり腰や脚への筋肉にさらに負担をかけこつこつと溜め込んだものが痛みとして発症します。

なぜ善ZEN整骨院は「腸脛靱帯炎」の症状に対応できるのか?

善ZEN整骨院では病院でのレントゲン、MRI にも写らない筋肉の状態をハイボルテージという特殊電療機器で検査し本当の痛みの原因場所を見つけます。 患部のみではなく痛みの原因となる筋・骨格の歪みを矯正して全身のバランスを整えていきます。 そうすることで、血流、神経の流れが良くなり腸脛靱帯炎の症状を改善させます。 そして日常生活の積み重ねで出てしまった症状は同じ暮らしをしていれば、その場では症状が取れても少なからずまたでてしまいます。 治療の効果を持たせるため、そしてその先治った時に同じような痛みを繰り返さないようになってもらうため姿勢の指導や、セルフストレッチの指導をさせて頂きます。


三島市の善整骨院の6つの特徴 国家資格を有した治療家がすべての治療を担当 善ZEN整骨院では厚生労働省から認可を受けた国家資格者がすべての治療を担当しますので安心して治療を受けて頂くことができます。 患者様の身体の様々な症状に対して的確な専門治療を提供致します。 しっかりとした問診・検査・カウンセリングを行うことで本当の痛みの原因を追求します 善ZEN整骨院では初診時の問診・検査・カウンセリングで「痛みの状態」「過去の痛みや手術歴」「日常生活動作」「どのようになりたいか」などを患者様の立場になってお話を伺います。 その後に検査をして総合的に分析して根本原因を探していき、痛みを改善するために、どのような施術をどのくらいのペースで通えばいいのか、分かりやすく説明して治療計画を立てていきます。 羽田野式ハイボルト療法によりつらい痛みに対して即効改善!

ハイボルトとは神経の興奮を抑え、痛みを取る事に特化した特殊な電気治療器です。 また、レントゲンやMRIでは検査することの出来ない筋肉の状態を検査をすることが出来るので、何処に行っても良くならなかった症状の原因がわかります。 ハイボルトを使い、ただ痛い所に電気を流すのではなく場所、方向、深さにこだわり、痛みの原因場所の深部組織に高電圧の電流が到達することで元来ある治癒力を促進させる作用・効果があります。 定期的に全国トップクラスの治療技術と知識の向上のため外部へ勉強会に参加しています 当院の理念のなかで「患者様の健康回復、維持の為に当院がもつ最善の治療を提供することを約束します」というのがあります。 その為、常に技術、考え方を学び、変化と成長を続ける事で患者様の悩みに対して結果を出すことが出来ます。 キッズスペースが完備しているため、小さいお子様連れの患者様も安心してお気軽にご来院できます 善ZEN整骨院では頑張るママさんを応援しています。 出産後の骨盤の歪みや腰痛、育児や家事での首、肩、膝の疲れや痛み、しびれなどをしっかりとケアします。 また、お母さんが施術を受けている間に、お子様が退屈しないようにキッズスペースを設けておりますので小さいお子様連れの患者様も安心してお気軽にご来院できるようになっています。 綺麗で清潔な院内環境を徹底しています 善ZEN整骨院は院内が綺麗で広いです。 清潔な院内環境のため快適に治療を受けて頂くことができます。 女性患者様の利用率が高い理由のひとつでもありますので患者様が快適にご利用頂けるよう院内環境も徹底して整備しています。

受付から施術の流れ

ご予約の流れ

三島市の善整骨院 お問い合わせはこちら

当院へのアクセス

所在地〒411-0037 静岡県三島市泉町12-23 三幸ビル1F
予約メール予約 電話予約あり
電話番号055-956-3205
駐車場4台あり
休診日日曜 祝日